雑感

40~50年前を思い出して火炎瓶を投げた青春の日々が蘇ったのか、若い世代を最前線に立たせて弾除けにしつつ、その後ろで尻尾どころか頭も隠せてない自己顕示欲にまみれた年寄り共が喧しい今日この頃いかがお過ごしでしょうか。

戦争も米軍もふるえるぐらい嫌いでらっしゃるはずなのに、米海兵隊特殊部隊の名前をもじった団体名をドヤ顔で冠しておられる民青所属の皆さんは、大学生のはずなのに「We will stop!!(そうだねやめるといいよ)」「WAR IS OVER(そうだね70年前に終わってるねそれが何かっていうか若いのにジョン&ヨーコとかレトロだね)」とかそれはそれは好戦的に大騒ぎしておられて中学生レベルで学力を心配して差し上げたくなったり、育児期に入った活動家が「ママの会」と称して年端も行かない子を夜遅くまでデモに連れまわした挙句に「こんな小さな子がこんな時間までここにいる意味がわかりますか」とてめえの子供を人間の盾にして社会を脅迫(知らねえよ嫌なら早く帰って涼しいところで寝かせてやれよバカじゃねえのそれ虐待だろ)してたり、本当にセンスが悪いなぁと生温かく観察してたら共産党が支持率大幅に下げてて(直近-1.1%、前回比-25%)大草原不可避ですプギャ━━━━━━m9(^Д^)━━━━━━!!!!!!

またマスコミの皆さんの断末魔も大変なもので、もう何周したかもわからない徴兵制デマやら9条教やらよくわかんないから怖いよねと原発の時に失敗したアプローチやら反権力のくせに権威主義を発揮して有名人活動家にイタコさせる手口やらを繰り返しておられるさまはむしろ滑稽なほどで、昨日の朝日新聞の「多数決って本当に民主的?」には腹抱えて笑わせていただきました。死んだことにしても思い通りにいかないから民主主義の定義を変えよう!ってなにその独裁志向な全体主義的アプローチ。コワイワー:;(∩´﹏`∩);:キャー
国民の皆様の受信料で成り立っているNHKさんも、昨夜は3119人しか入らない日比谷野外音楽堂で1万人の反対集会とかおもっくそすぐバレる嘘の主催者発表(空席いっぱいだったのにねクスクス)をそのまま報道するとか、そんなことしてるから受信料支払拒否されてるんじゃないんですかね?

散々与党が「欠席されると審議できないんだよね、出てきてくんないかなあ」って呼びかけてたのに議員の仕事である国会審議全否定して欠席しまくっといてから「強行採決」ってどの口で言ってんだ?あぁ?ってやっとこで口捻りつつ持ち上げて床にびったんびったん叩きつけてやりたい野党しかいないのもおばちゃんしっかり見てました。民主党が与党の時「今日は採決しない」と嘘ついて野党帰らせてから騙し討ちのガチ強行採決しようとしたことはおばちゃん死ぬまで忘れないし子々孫々言い伝えてやるわ。お前らに関しては歳費の全てが無駄遣いなのでカットしたいと言っておく。(その浮いた分を国立競技場に充てればいいよね。民主党はてめえらが決めたんだから本望だろ)

おばちゃんはこういうちょっと冷静に考えれば恥ずかしさのあまりマントルの下のコアまで自分で穴掘って身投げして蒸発したくなるような頭の悪さをでかい声で喧伝する人たちが大嫌いです。戦争なんかこの先ずっと起こらないほうがいいに決ってますし、もちろんその前線に息子氏が立つようなことも絶対にさせたくありませんが、そのためにはこんなに考えることを怠ける自意識と自己顕示欲ばかりが肥大した人間、あるいはそのような人間に簡単に煽動されるような、てめえの頭で考えることができない大人にしてはいけないと心に誓うわけです。
私自身は小学校の頃、こんな勉強なんの役に立つんだよケッちきしょーめと思っていた典型的なアホの子でしたが、今それを息子に聞かれたら「大人になったら毎日のようにぶち当たる答えのない問題に、何が一番正解に近いのか自分の頭でよく考えて納得のいく選択ができるように、考えるための材料を蓄えて、その材料の使い方を練習してるんだず」と返事すると思います。伝わるかどうかわかりませんけど。
いつか息子氏が麻疹のようにあっち側に振れる時期が来た時、「ちょっとおかしくね?」と立ち止まれるように、ちゃんと学と教養を身につけさせないとイカンなと、反知性を掲げる皆様を見ながら決意を新たにする次第。

生で食べるとかコワイ!

日本国内にこんなにE型肝炎と有鉤嚢虫症ワナビーがいるとは夢にも思わなかったなあ。

んで次はまだ(そんなもん食うなんて想定の遥か彼方だから)禁止されてない鶏の生レバー出すとかいう店とおいしいとか言ってる消費者がいて、おばちゃん心の底からびっくりだよ!
オッス!オラ悟空!カンピロバクターで苦しんだ挙句、ギランバレー症候群併発しても全額自費で治療してくれよな!

<追記>
あとねえ、タイムライン見てると微量の放射能怖い人がE型肝炎とか有鉤条虫とかカンピロバクターとか怖くないらしいんですよ。
私にしてみれば微量でも劇症肝炎になったりトイレの住人になったり人間バイオ兵器になったり死んじゃったりする細菌やウィルスや寄生虫の方がよっぽど怖いんですけどねえ。
ゼロベクレルじゃなきゃ許さない!!人が微生物もゼロを主張しないのはおかしいなあと思いました(小並感
どっちも口に入る段階で言えばゼロとかありえませんけど。
</追記>

…教育って大事よねえ…

get_posts( •̀ω•́)

息子関連で記録しておくべきことはあるような気がするけど更年期がおいでになったのかもう無気力エブリデイのため仕事メモぐらいしか残しておく意欲がわきません_:(´ཀ`」 ∠):_

メインループ内に別カテゴリー内のカスタムフィールドAの値ごとに記事を抽出してサムネイルを新着○件表示
という操作を楽勝やでウッヒョー!と思ってたら意外と手間取った(いつものことですが)ので覚え書き。
最初WP_Queryとwhileでサブループ作ったら、メインループが無限ループしはってアワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!
で、調べるとマルチループはget_postsとforeachで回すべしというありがたい記事が見つかって、無限ループは解消したものの、配列が空だった時の書き方がわからず、全部空判定になるという悲劇が(phpの理解度が足りないだけである)
そしてやっぱり親切な方の親切な記事により以下のようなソースになりました。ありがとうございます(´;ω;`)

get_posts()テンプレートタグを使った情報の取得と表示方法
http://memocarilog.info/wordpress/templatetug/3393
foreachで記事を取得している時に、記事がなかった場合の処理も指定したい
http://memo-tan.com/wordpress/foreach-if-empty-mypost_20150129.html

$args = array (
	'cat' => 1, //カテゴリーID
	'posts_per_page' => 8, //1ページ当たりの読み込み件数
	'meta_key' => '担当', //カスタムフィールドの名前
	'meta_value' => 'Aさん', //meta_keyの内容
	'orderby' => 'date', //ソート基準
	'order' => 'desc' //降順
);
$my_photo = get_posts($args); //argsの条件で記事を拾う
if( !empty( $my_photo ) ) : //my_photoが空っぽじゃなかったら
foreach ($my_photo as $post) : setup_postdata($post); ?> //ページ当たりの数だけ↓を繰り返す
<a href="<?php the_permalink() ?>"><?php the_post_thumbnail('thumbnail'); ?></a>
<?php endforeach; //繰り返し終わり
elseif( empty( $my_photo ) ): ?> //my_photoが空だったら
<img src="nowprinting.jpg" alt="準備中です" /> //準備中の画像を表示
<?php endif; //分岐終わり
wp_reset_postdata(); ?> //データリセット

んでほんとはこれ複数の人がいてはって、それぞれのページごとに条件分岐もあるんで、1行目から16行目まで人数分ifとelseifで繰り返し書いてあるんですけど、ものすごーく無駄なソースのような気がして仕方がないのにシンプルにする方法がわからないのヽ(`Д´)ノウワァァァン!!
($argsのところでごにょごにょすると良さそうな気がするけどどうしていいかわからない)

ああ、小学生で初めてBASICを触ってからはやウン十年、いつになったらプログラムが書けるようになるんでしょうかったら_:(´ཀ`」 ∠):_

<追記>
変数作って代入したらええがな!と気付いて解決しました。
初歩の初歩なんですけどね’`,、(‘∀`) ‘`,、いつまで経っても小学生レベル

if( is_page('a') ): //ページIDがaだったら
$tantou = 'Aさん'; //変数$tantouにAさんを代入
elseif( is_page('b') ): //以下繰り返し
$tantou = 'Bさん';
elseif( is_page('c') ):
$tantou = 'Cさん';
endif;

$args = array(
//<中略>
meta_value => $tantou, //meta_valueに$tantouを読み込む
//<後略>